ゴミ屋敷の対応はお任せ下さい

gomiyashiki-torikumi

ごみ屋敷の特徴としては、単身の高齢者に多い現実があります。
配偶者との離婚や死別、両親との死別など身寄りのない単身者が「セルフネグレクト」という自我放棄状態になる精神疾患の一部とも言われている。

モノを捨てられなくなるなどの行動から、近隣者とのトラブルや疎遠問題は、放置ごみから発生する害虫の問題や、汚臭などの問題や火災等の深刻な問題に発展する事からも、孤立状態を加速させる状況を自ら作り出している。

一軒家の家屋ならまだしも、マンション内の隠れゴミ屋敷の問題は気付きに時間がかかるか、最悪の場合は無縁社会を形成し孤独死の原因ともなる。
厚生労働省の全国調査においては2000人近い高齢者が放置すると孤独死や「ごみ屋敷」の問題になるケースの症例があると言われています。

核家族化がすすむ背景で無縁社会という問題が都会の片隅で進行している。行政の支援や地域社会の結びつきが、最大の予防策といわれているがコミュニティのない社会構成が「セルフネグレクト」という問題を表層化している。
マンション内の隠れゴミ屋敷問題は、若年層にもみられ、「片付けられない人」いわゆるADHD(注意欠陥・多動性障害)もその予備軍ともいわれています。
捨てる、片付けるという行為は、決断と行動が伴うものであり、捨てる、買うなどの行為をシンプルにしていくことが必要な事の一歩であると言われています。

「全国不用品回収センター」では行政のサービスとともに「近隣者や親族からの要請」に応じてゴミ屋敷のお片づけをサービスの一環として取り組んで行きたいと考えています。一軒家の大量ごみの処分からマンションルームのごみ片付けまで、是非ご相談下さい。

pagetop